すごイイ話。-グロービス・キャピタル・パートナーズ 仮屋薗 聡一氏

毎月の社内締め会で行われていた「すごイイ話。」が、久しぶりに返ってきました!

今回の「すごイイ話。」を企画したのは、“いい会社PJ”。これは、「社員ひとりひとりが“昨日の自分より1.1倍成長する”マインドをつくる」ことを目標に発足したプロジェクトチームで、これまでに、月に一度、役員と社員がランチをともにする「ごちそうランチ」や、毎週金曜日の就業前に全社でラジオ体操を行うなどの企画を行ってきました。
さて、この新しく生まれ変わった「すごイイ話。」の記念すべき最初のゲストは…
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズのマネージング・パートナー、
そして、一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会会長の仮屋薗 聡一さんです!

すごイイ話。

仮屋薗さんといえば、Forbesの「日本で最も影響のある投資家BEST10」で1位に選ばれた、日本におけるベンチャー投資の第一人者。そして、スターフェスティバルに最初に投資をしてくださり、現在も社外取締役としてスタフェスの成長を支えてくださっている方です。

トークテーマ

トークテーマは、「スターフェスティバルとの出会い」。

新聞・雑誌・WEBなどのメディアではよくお見かけするものの、直接仮屋薗さんにお話を伺ったり、質問できるチャンスなんてめったにないこと。本社からはもちろん、支社メンバーもビデオ通話を通じて総勢80名近くのスタッフが楽しみに参加しました。

トークセッション01

第1部では、「私をVCへと後押しした先輩達の言葉」というタイトルで、仮屋薗さんご自身のキャリアがスタートしてから代表 岸田と出会うまでのことをお話ししていただきました。
そして、第2部では、同じくスターフェスティバルへの投資を担当いただいたグロービスの羽鳥さんとのトークセッションにて、岸田、そして、スタフェスと出会ってからの軌跡などを振り返っていただきました。

トークセッション02

90分間の講演&トークセッションを経てからは、恒例の質問コーナー。
「いつもどのように情報収集をしているのですか?」など数々の質問が飛び交うなか、ひとつひとつ丁寧にお答えいただきました。

質問コーナー

90分のプログラムはあっという間。「もっともっとお話を伺いたい」というスタッフのたちの要望で、「すごイイ話。」の後に、懇親のお時間もいただきました。“究極のごちそう開発部”がこしらえたお料理を囲んで“えびキチ”スタイル(※えびキチについてはこちら)の懇親会には、たくさんのスタッフが集まりました。

懇親会01

仮屋薗さん、羽鳥さんともにお忙しいなか、一人一人とじっくり会話を重ねていただき、たくさんの気づきを与えてくださいました。

懇親会02

左から2人目が仮屋薗さん



懇親会03

後列一番左が羽鳥さん



「お客さま視点からサービスを作っていける“ホスピタリティ”は、スターフェスティバルの昔から変わらない素晴らしいところ。そして、その“ホスピタリティ”とは、スターフェスティバルで働くスタッフの“気づく力”と“前向きな姿勢”だと思います」。
講演のなかで、そんなメッセージをいただきました。

大切な人をおもてなしするために、思いを馳せて走り回る“ご馳走”という言葉に思いを込め、
『ごちそうで 人々を より 幸せに』を理念として掲げる、私たちにとってこれ以上の言葉はありません。

「創業当初から変わらない“ごちそう”の思いを大切に、明日からもがんばろう!」
参加したひとりひとりが、そんな風に思える充実した時間でした。

集合写真

仮屋薗さん、羽鳥さん、素敵なお話を誠にありがとうございました!
次回の「すごイイ話。」は、仮屋薗さんにご紹介いただいたゲストに登壇いただく予定です。
第1回を大盛況のうちに終えることができ、“いいとも形式”でバトンがつながる第2回も楽しみです!




アルバイト募集中!


有名店のお弁当・ケータリング料理をお届け ごちクル

デリバリー型 社員食堂「シャショクル」