「青天の霹靂とおかずの100種100升弁当」予約注文受付開始!

100種100マスの豪華青森弁当、お花見に合わせて
「ごちクル」で予約受付開始!
「コメの食味ランキング」で、3年連続最高ランク「特A」を取得した
青森県産米「青天の霹靂」&おかずび~っしりの期間限定弁当


青森県(県知事:三村 申吾)とフードデリバリー事業を展開するスターフェスティバル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:岸田祐介)は、2月28日に発表された2017年産のコメの食味ランキングで、3年連続最高評価の「特A」を取得した「青天の霹靂」をはじめとする青森県食材の魅力を伝えるための「青天の霹靂とおかずの100種100升弁当」を企画開発いたしました。桜の開花に先立ち、3月20日より、お弁当・ケータリングの総合インターネットモール「ごちクル」にて注文受付を開始いたします。

どんなおかずとも相性がいい「青天の霹靂」の特長を活かし、青森県産品・郷土料理を中心としたお料理100種類をひとつずつ升に詰め、合計100升のお弁当に仕上げました。桜のモチーフが随所にちりばめられた色鮮やかなお弁当は、お花見はもちろん、新入社員そろってのお食事会など、新年度がスタートするタイミングでの人が集まるシーンにて、取り分けてお召し上がりいただくことが可能です。

同時に、「青天の霹靂とおかずの100種100升弁当」をご注文いただいたお客さまの中から、先着50名様に「弘前シードル工房kimori 350ml」 1本をプレゼントするキャンペーンも実施いたします。

mainVisual

■背景

2018年2月28日に発表された、日本穀物検定協会が主催する「2017年産のコメの食味ランキング」にて、青森県のブランド米「青天の霹靂(へきれき)」が15、16年産に続き3年連続で最高評価の「特A」を取得いたしました。生産量が少なく参考品種扱いだった14年産を含めると4年連続の取得となります。
一方、スターフェスティバルは、2016年11月より「地方創生サポート事業」をスタートし、独自の商品開発力やネットワークを活かし、鳥取県・宮崎県・和歌山県などの特産品やその土地の食材を活用したお弁当商品の企画開発や販売、プロモーション協力を行ってまいりました。
「青天の霹靂」が「特A」を取得したことを記念し、その美味しさを存分に味わっていただくため、青森県の名産品や郷土料理を中心としたありとあらゆるおかずを盛り込んだ「青天の霹靂とおかずの100種100升弁当」を開発しました。

このお弁当をきっかけに、青森県食材の魅力がより広く知られ関心を持っていただくとともに、さらには青森県内の観光地へも足を運んでいただき、青森の地域活性化につながることを期待します。

■「青天の霹靂とおかずの100種100升弁当」について



「青天の霹靂とおかずの100種100升弁当」について

100種100升は、青森県産米「青天の霹靂」と、その米に合う青森の郷土料理を中心に埋め尽くされています。ブランド食材「大間のまぐろ」、「青森シャモロック」、ご当地B級グルメの「十和田のバラ焼き」、地元の名産品ウニとアワビを用いた「いちご煮」の炊き込みご飯など、地元の名物を多数盛り込んでいます。お花見や新年度に人がたくさん集まるシーンでご利用いただくことを想定し、お取り分けしやすいよう、一折20升のお弁当を五段重にし、「青天の霹靂」のシンボルマークをモチーフにした特製の風呂敷に包んでお届けします。
100種類のメニューについては、お弁当箱のフタそれぞれに、升の位置と品名が対応した、お品書きを記載しており、どこの升にどのお料理が入っているのか一目で分かるように工夫をしました。

青天の霹靂

青森県産米「青天の霹靂」について
青森米「青天の霹靂」は、「さっぱり」とした食感、甘さ、のどごしが特徴のお米です。しっかりと大きめの粒はひとつひとつきりりと際立ち、ほおばると口の中で心地よくほどけ、後味はキレ良く、ついもう一口と箸が進みます。海、山、里の幸、どんなおかずとも相性がよく、ごはんのおいしさ、楽しさをあらためて感じさせてくれます。青森の森、水、土、人の力が生み出したお米の新しい美味しさを、ぜひ味わってください。

お品書き(※100種類のなかの一部を抜粋)
菜の花 ふうから雪下人参ドレッシング、黒にんにく、豚肉のカシス入りバルサミコソース、ねぶた漬け、十和田美人ごんぼ漬、ヤマトシジミ佃煮、いがメンチ、りんごとカシスのコンポート、青森おでん風 竹の子生姜味噌、赤かぶの千枚漬け、帆立のマリネ、豆しとぎなど

お弁当史上最大級になが~い商品名
青森のお米・食材・郷土料理を、都心エリアのお花見シーズンにお届けすることから、商品の正式名称には、青森にいるお母さんが都会で働く子どもに送る津軽弁の手紙風のものを採用しました。
音声は、こちらよりお聞きいただけます⇒https://gochikuru.com/regional/aomori/100masu/


▼ 正式名称

「あんた、ちゃんと飯(まま)食ってらが?
今日は、あんたが好きだ青天の霹靂、ほだで、
りんごだの青森のめーものばし使って、おかず100も、
一晩(はげ)寝ねでずっぱどこさえだはんで、
あんたのけやぐだぢど、みんなして食べへ。
そういえば、わもインスタグラム始めだはんで、
見でけなぁ。
こっづも、わんつかずづぬげぐなってきたじゃ。
いづでも青森さ帰ってこいへ。へばな。」弁当

▼ 正式名称・標準語訳

「あなた、ちゃんとご飯食べてる?
今日は、あなたが好きな青天の霹靂、ほたて、
りんごなど青森おいしいものを使って一晩寝ないで、
おかず100個もたくさん作ったから、
あなたのお友達とみんなで食べてちょうだい。
そういえば、お母さんもInstagram始めたわよ。
見てね。
こっちも少しずつ暖かくなってきたわよ。
いつでも青森に帰ってきなさいね。
それじゃあまたね」弁当


注文受付期間
:3月20日(火)~4月2日(月)
お届け期間
:3月27日(火)~4月9日(月)
ご注文締め切り
:お届け日の1週間前
価 格
:15,000円(税込16,200円) ※送料込み
お届けエリア
:東京都23区
購入できる場所
:お弁当・ケータリングの総合モール「ごちクル」インターネットサイト
 および、お電話にてご注文いただけます。
URL
https://gochikuru.com/regional/aomori/100masu/
TEL
:0570-00-5190(受付時間 9:00~19:00 年中無休)


■「ごちクル」について

インターネットから注文するだけで、ワンコイン弁当から予約のとれない名店の味までを手軽に楽しむことができる、お弁当・ケータリングの総合デリバリーサービスです。
全国のレストランや製造工場、配達パートナーと提携し、点在する製造拠点からお客様のもとへごちそうをお届けしています。京料理の老舗「たん熊北店」やミシュラン2つ星獲得の名店「京料理 たか木」の高木一雄氏など、有名店や有名料理人のお弁当をはじめ、企画弁当、復興支援につながるお弁当、オリジナルのお弁当など、ラインナップは約800ブランド8,600種にのぼります。イベント、研修、会議、接待、パーティなど、人が集まるさまざまなシーンで利用されています。


【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
青森県 農林水産部 総合販売戦略課 成田(なりた)
電話:017-734-9571 メールアドレス:hanbai@pref.aomori.lg.jp

スターフェスティバル株式会社 広報 石尾(いしお) 伊藤(いとう)
電話:03-5447-5431 メールアドレス:press@stafes.com