震災から丸6年。新しくなった復興支援弁当を、社内みんなで食べました。

明日で東日本大震災から、丸6年が経ちます。

スターフェスティバルでは、「少しでも被災地の力になれますように」という願いを込めて、社内スタッフみんなで「三陸ごちそう玉手箱~東北エールマーケット~」のお弁当を食べました。

お願い!ランキング01

2015年に続き、2016年にも復興支援弁当をリニューアル。「なかなか現地には行けないけれども、会社のみんなで東北の復興を応援したい」と定期的にお弁当を頼んでくださるお客様・企業様に、また新たな東北の味をお届けするために新しいお弁当をつくりました。お弁当のラインナップは5種類から8種類に増え、価格帯も490円~1,080円とよりお求めやすくなりました。

お願い!ランキング03

商品開発担当に開発のエピソードを聞いてみると…?
「三陸ごちそう玉手箱シリーズのひとつ、“がんばっぺ東北!! 焼鮭はらこ飯”には、あるストーリーがあります。復興弁当をつくっていただいているパートナーさんの社長は、かつて仙台で料理の修行をしていました。そのため、東北の復興への思い入れはとても強い。宮城県の郷土料理“はらこ飯”も、社長が若き日に東北で覚えたレシピを再現したお弁当になっています。」

お願い!ランキング04

その他にも“仙台黒毛和牛”や岩手産ブランド豚“岩中豚”、幻のサバともいわれる“金華サバ”、 “会津地鶏”など、三陸が誇るこだわりの食材がぎっしり詰まったお弁当にスタッフもわくわく。ランチミーティングでもお弁当の話題で盛り上がりました。

お願い!ランキング06

お願い!ランキング07

ごちクルとヤフー株式会社が運営する東北エールマーケット(当時、復興デパートメント)では、2012年7月より、売上の一部が寄付になる「石巻爆速復興弁当」の販売を開始し、大変ご好評いただきました。
震災から丸5年を迎えるにあたり、東日本大震災の記憶を忘れることなく、これからも支援を継続していきたいという思いから、2015年11月より「石巻爆速復興弁当」をリニューアルし、「三陸ごちそう玉手箱」が誕生しました。

お願い!ランキング08

そして、2016年にはより多くのお客様にお召し上がりいただけるよう、商品のリニューアルと拡充を行いました。おかげさまで2017年3月現在、1,406,817円の寄付金を集めることができました。寄付金は、東北復興支援活動団体に寄付させていただいております。

お願い!ランキング06

お願い!ランキング07

復興に向けて力強く歩みを進める東北から、私たちも笑顔をもらっています。震災で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。そして、微力ではありますが、一日も早い復興を応援させていただきます。




アルバイト募集中!


有名店のお弁当・ケータリング料理をお届け ごちクル

デリバリー型 社員食堂「シャショクル」


人気バラエティ番組「お願い!ランキング」にWebディレクターの山北が出演しました

2月22日、テレビ朝日の人気バラエティ番組「お願い!ランキング」の真夜中のお悩み相談室「カズレーザークリニック」に、Webディレクターの山北が出演しました。

お願い!ランキング01

お願い!ランキング02

今回の企画のコンセプトは、IT企業で働く女性社員のお悩みを相談するというもの。
仕事について、プライベートについて…それぞれの深い悩みについて、メイプル超合金のお二人に問診いただきながら、カズレーザー院長にお薬を処方していただきます。

お願い!ランキング03

5人目の相談者として出演した山北のセクションでは、ごちクルのサービスや、彼女がWebディレクターとして仕事をしている様子についてご紹介いただきました。

お願い!ランキング04

お願い!ランキング05

「800ブランド8,000種類もあるお弁当の中から、お客様にぴったりのお弁当を便利に探せるように…」
この思いをこめて、お弁当の紹介ページを担当するデザイナーや、お弁当商品をひとつひとつこだわって企画している“究極のごちそう開発部”、東京本社に加え全国6か所にある支社の営業担当など、多くの関係者を巻き込みながら走りまわる日々。
すべては放送されなかったものの、社内撮影の際には、山北が仕事に打ち込む姿をしっかりカメラにおさめていただきました。

お願い!ランキング06

そして、話はお悩み相談へと移ります。
なるほど、女性なら誰しも真剣に考える「結婚」についてです。

お願い!ランキング07

ありとあらゆる仕事をチャキチャキ&テキパキ華麗にこなし、創業周年パーティー「七夕祭」「IT3社合同運動会」「スタフェスハロウィン」など、社内イベントではみんなを盛り上げていくスタフェスきってのムードメーカー。明るく元気で、かわいく美しく…とてもチャーミングな彼女ですが、実は自宅で一人過ごすのが大好きなのだそう。

お願い!ランキング08

そして、ホテルさながらの整理整頓された自宅で、どんな風にすごしているのかというと…
ハイボールを飲みながら、モンスターストライク(通称モンスト)をで3人分同時プレイしている映像が!
あいにくスマートフォンのうち一台は撮影用につかっているため、4人分同時プレイできるところを見せられなかったのだそう。インターネット上でも、「ひとりでモンスト3人分は凄すぎる…」というコメントが寄せられました。

お願い!ランキング09

さらにおいしいものを食べること、海外ドラマも大好きで、お店で一人焼肉やカウンター寿司をしながらタブレットで映画を楽しむこともあるそう。山北ワールド全開です。

お願い!ランキング10

そんな彼女へのカズレーザー院長からの処方箋は…
「日常が充実しているなら結婚しなくてもいい」ということ。
また、「ああいう何にもない部屋っていいですよね。充実している人間の証拠。…無駄なものをそこに足す必要はない」というコメントに、スタジオの方々からは「うんうん、なるほど」と納得の声が聞こえてきました。

お願い!ランキング11

そんな山北の出演後の感想は、「実は普段、あまり自分のプライベートは人に話さないタイプなのに地上波でこんなにさらけ出すなんて恥ずかしくてたまりませんでした。大ファンのカズレーザーさんに悩みを聞いていただけるのであれば背に腹は変えられない!一生に二度とないかもしれない楽しい経験をさせていただきました!言われてみれば、確かに仕事もプライベートも充実はしているのかも…あまり深く考えずにマイペースに毎日を楽しく生きます!」

お願い!ランキング12

はじめてのテレビ番組出演で、収録時は緊張もしていましたが、番組のスタッフさん・共演者の皆様がつくる和やかなムードのおかげで、楽しむことができたようです。
貴重な経験を提供してくださったテレビ朝日さん、本当にありがとうございました!




アルバイト募集中!


有名店のお弁当・ケータリング料理をお届け ごちクル

デリバリー型 社員食堂「シャショクル」


鳥取中部地震“福興”イベントを開催しました

2月14日、鳥取県とスターフェスティバルは、鳥取県中部地震“福興”イベントを、鳥取県と岡山県合同のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」で行いました。

地方創生01

第1部では、鳥取県とスタフェス相互の連携を強化し、鳥取の地域活性につながることを目指す「『食のみやこ鳥取県』等に関する協定」を締結し(詳しくはこちら)、その調印式を執り行いました。

地方創生02

この協定の内容は、
  • 鳥取の地で大切に育てられた食材をお弁当にして、より多くの人のもとにお届けします。
  • 地震などの災害が発生した際は、近隣エリアの提携レストラン等で食事をつくり、被災地の復旧・復興に必要な食料を提供する為の支援網をつくります。
というもの。
この連携によって、「食」「お弁当」を通して、「鳥取に行きたい!」「鳥取に住んでみたい!」という人がひとり、またひとりと増えていく…そんな未来を目指しています。

地方創生03

また、イベントには、6年連続でミシュランの星を獲得され、鳥取県食材を用いた「鳥取うまいもん弁当/【限定】たか木×食のみやこ鳥取御膳」を企画開発した京料理たか木の髙木オーナーシェフにもお越しいただきました。今回の取り組みを機に、代表岸田と髙木オーナーシェフは、「食のみやこ鳥取県」推進サポーターに登録。

地方創生04

「食のみやこ鳥取」推進サポーターには、鳥取県で生産された農林水産物やそれらを原料にした加工食品の良さを積極的にPR、販売等をしている事業者などが任命されます。イベントでは、平井伸治鳥取県知事より任命書の受け渡しが行われました。

地方創生05

第2部では、新婚ほやほやの上田まりえさん(元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとしてご活躍。今回のイベントは結婚後、初の公の場でした!)、芸人のみょーちゃん(細かすぎて伝わらないモノマネでご活躍)が駆けつけ、平井知事と鳥取にまつわるトークセッション。
合わせて、 “福興”弁当のお披露目をしました(会場には使用された食材も一品一品展示しました)。

地方創生06

地方創生07

紅ズワイガニのちらしご飯、鳥取地どりピヨの竜田揚げ、ねばりっこの素揚げ、豆腐ちくわの生姜醤油…。売り上げの一部が鳥取中部地震の復興のために寄付される「鳥取うまいもん弁当/【限定】たか木×食のみやこ鳥取御膳」に使われている鳥取食材を、知事とゲストのお二人にお召し上がりいただきました。

鳥取食材について話題が広がる中、平井知事がこんなお話をしてくださりました。

「鳥取県は32年ぶりの90cm以上の降雪を記録するなど大変な天候の中にあります。大雪注意報がちょうど今日(2月14日)の午前11時に解除されたところでした。ただ、この雪は野菜にとってはとてもいいことなんです。野菜自身が凍りたくないから、“甘くなれ~甘くなれ~”と野菜自身が甘みをぎゅ~っと出すので、糖度がすごく高くなります。これから出てくる鳥取のお野菜はとってもおいしくなりますよ」。

地方創生08

また、当日はバレンタインデーということで、上田さんから男性二人にチョコレートが贈られました。

地方創生09

すると、平井知事からはホワイトデーを待たずして粋なお返しが…!
その名も、スパークリングワイン「とっとりSKY~Essor~」震災でも割れなかった縁起物のワインだそうです。「絶対に2人の仲が割れないよう」と上田さんの結婚を祝してのプレゼントでした。

地方創生10

それにしても、さすがダジャレで有名な平井知事。
この度のトークセッションでも、「お弁当をたべんとう」「とっとりでほっこりしてください」など、数々のダジャレが盛り込まれていて、会場が笑いに包まれました。

地方創生11

最後には、「とっとりでまっとります!おいしいものとっとります!」の掛け声。
地震が起きても、大雪に見舞われても、鳥取は元気だから遊びに来てね…という力強いメッセージがこめられています。

地方創生12

スターフェスティバルは、今後も鳥取県はもちろんのこと、地方創生を応援してきます!




アルバイト募集中!


有名店のお弁当・ケータリング料理をお届け ごちクル

デリバリー型 社員食堂「シャショクル」


社内で恵方巻パーティーをしました!

2月3日は節分でしたね!
節分といえば…ということで、スタフェスではみんなで“恵方巻”を食べました。

エホマパ01

東京本社のほか、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡
全国6か所にある支社メンバーも含めて、みんなで食べる恵方巻。

エホマパ02

その名も“恵方巻パーティー”にちなんだ通称「エホマパ」。
せっかくなのでロゴも作っちゃいました(^^)/

エホマパ03

恵方巻は、節分の日にその年の恵方を向いて食べると縁起がいいとされていますが…
みんなで今年の恵方“北北西”を向いて無言で恵方巻を食べる図はなかなかシュール…笑

エホマパ04

実はこの恵方巻き、元ボストンで寿司職人をしていたマキタケさん率いる、究極のごちそう開発部が 密かに準備を始めていました。

エホマパ05

キッチンのある本社だけではなく、支社のメンバーにも楽しんでもらうために巻いた恵方巻きを事前に支社あてに発送!
冷凍技術も活用しつつ、美味しい太巻きを食べられるようにしました。

エホマパ06

↓↓↓↓↓↓ちなみに当日のラインナップ↓↓↓↓↓↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • ①山ハン風巻:チーズ・デミグラスソースハンバーグ
    【ごちクル】で提供中の、「山本のハンバーグ」にちなんでいます。
    ハンバーグもデミグラスソースもお弁当と同じものを使っています!
  • ②BOSTON巻:アボカド・うなぎ・きゅうり
    元BOSTONの寿司職人が考案した太巻きです。
  • ③HAL YAMASHITA風巻:サーモン・クリームチーズ・いぶりがっこ
    【ごちクル】で提供中の、「HAL YAMASHITA」にちなんでいます。
    おしゃれでスタイリッシュな感じが女性の心をつかみました!
  • ④究極巻:牛焼肉・山椒・ニンジンナムル
    “究極のごちそう開発部”が考えに考えた韓国風の太巻き。
    ボリュームと山椒の風味が絶妙でした。
  • ⑤銀座うち山風巻:たい・いか・ごまダレ
    【ごちクル】で提供中の、「銀座うち山」にちなんでいます。
    お魚好きにはたまりません。
  • ⑥名古屋巻:エビフライ・みそだれ・タルタルソース
    上記、元BOSTONの寿司職人のふるさとが名古屋のため、
    名古屋巻もラインナップに組み込まれています。
  • ⑦鳥取巻:カニ・きぬむすめ
    復興応援弁当を手掛けている鳥取県の食材、紅ズワイガニと、
    ブランド米きぬむすめを使っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自社商品にちなんだ7種類の恵方巻はとってもおいしいと社内評判でした!

エホマパ07

“ご馳走”とは:「客をもてなす食事の準備のために走り回る」こと。
ご馳走のサービスに関わる「クルー」全員でお客様のお顔を想像しながら走り回り、「日本中どこでもおいしい料理が楽しめる」サービスをご提供する。それが「ごちクル」の名前の由来にもなっています。
今回の“エホマパ”プロジェクトも、まさに“ご馳走”!

エホマパ08

仲間とともに季節を感じる。
日本人として、食にかかわるものとして、充実したひと時でした。
みなさまにも福が訪れますように!

番外編①
札幌支社のやまけんさん。本社からの恵方巻がとてもうれしかったようです。
恵方巻のしきたりはまぁ良し…として、三方向いて記念撮影。

エホマパ09

番外編②
とびっこを使って【ごちクル巻】も作りました!
極細のり巻を集めてさらに巻いて…と技ありの一本です。
しかし、誰が食べたのかは謎のまま…どんなお味か気になりますね!

エホマパ10




アルバイト募集中!


有名店のお弁当・ケータリング料理をお届け ごちクル

デリバリー型 社員食堂「シャショクル」


鳥取県とスターフェスティバル、連携協定を締結

とっトリ年はとっとりへGO!!美味しいものとっとります!とっとりで待っとります!
鳥取県とスターフェスティバル、連携協定を締結
〜 「ごちクル」のお弁当企画開発、流通網など活用した地方創生、始動 〜

鳥取県(県知事:平井伸治)と、お弁当宅配&ケータリング総合モール「ごちクル」を運営するスターフェスティバル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:岸田祐介)は、相互の連携を強化し鳥取の地域活性化につながることをめざし、2月14日に「『食のみやこ鳥取県』等に関する協定」を締結しました。2017年酉年(=とっトリ年)を、”福を目指していく” 福興元年とおき、今後も鳥取の地方創生に貢献していきます。

調印式模様
都内 鳥取県アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」調印式模様


■トピックス

  1. 鳥取県とスターフェスティバル社が提携し、県産品の活用・プロモーション、観光振興に取り組みます。
  2. 鳥取県エリアで災害等が発生した場合、食料品等の供給支援を行います。
  3. 鳥取県とスターフェスティバル社が共同で開発した「鳥取うまいもん弁当」の売上の一部は「鳥取県中部地震復興 がんばろう寄附」にあてられます。
  4. 鳥取うまいもん弁当(京料理たか木監修 日々是好日の「【限定】たか木×食のみやこ鳥取御膳」)、アンテナショップでも取扱い開始。
  5. 鳥取への旅行券や特産品が当たる「鳥取福興Twitterキャンペーン」を期間限定開始。


■協定締結の背景

鳥取県では2016年10月21日に起きた鳥取県中部地震後、風評被害などの影響で県内の旅館・ホテルでは4万件以上にわたるキャンセルや観光客減などが発生いたしました。こうした風評被害の払拭をするため、鳥取県とごちクルは、お弁当を通じて「食のみやこ鳥取県」ならではの鳥取県食材の魅力を広く知り関心を持っていただくこと、さらには鳥取県内の温泉や観光地へも足を運んでいただき、鳥取の地域活性化につながることをめざし、このたび連携協定を締結する運びとなりました。


■「『食のみやこ鳥取』等に関する協定」について

鳥取県とスターフェスティバルは、地域支援協定の締結に基づき、次に掲げる事項について協力してまいります。

  1. 県内産の農林水産物等の商品開発及び販売に関すること
    • 県内のごちクル連携店舗での県産食材を活用した地産地消
    • 「食のみやこサポーター登録」による情報発信
    • 鳥取県産食材を活用した弁当開発等
    • 鳥取県産食材のインターネットサイトでの情報発信
    • 鳥取県産食材の販路拡大支援

  2. 災害時の支援に関すること

    鳥取県エリアでの災害発生などによる緊急時において、食料品等の調達及び配達を相互に協力して実施する。
    (スターフェスティバルは、鳥取県庁の要請をうけ、指定された場所・時間に食料を供給する。鳥取県内が被災しても、近隣の他府県より製造・配達をする。)


  3. 観光振興に関すること
    • お弁当・ケータリングの総合モール「ごちクル」をはじめとするインターネットサイトなどでの、観光客誘致にかかる情報発信
    • 企業などへの出前販売における観光情報発信の協力


■「鳥取うまいもん弁当」について(鳥取県中部地震の復興を支援するお弁当)

鳥取うまいもん弁当」概要
料理界で名店と言われている「銀座あさみ」と「京料理 たか木」の監修のもと、海・山・里の豊かな自然環境に恵まれ、素晴らしい食材が数多く生み出される「食のみやこ鳥取」の厳選食材の魅力を十分に引き出しつくりあげた、全6種類のお弁当です。
売上の一部は鳥取県中部地震の復興支援として「鳥取県中部地震復興がんばろう寄附」へ寄附します。
2016年11月に発売を開始し、「ごちクル」インターネットサイト上で好評発売しておりましたが、このたびの協定締結を記念して鳥取県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」においても、「【限定】たか木×食のみやこ鳥取御膳」を期間限定でお求めいただけます。

  • 発売期間:2017年3月31日まで
    ※とっとり・おかやま新橋館では、2017年2月14日~2月28日(平日のみ)
  • 購入可能な場所:
    1. とっとり・おかやま新橋館2階「ビストロカフェももてなし家」

      東京都港区新橋一丁目11番7号 新橋センタープレイス
      http://www.torioka.com/about/#accessMap

    2. お弁当ケータリング総合モール「ごちクル

      (配達は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県のエリアに限ります)
      URL:https://gochikuru.com/regional/tottori/
      TEL: 0570-00-5190 (受付時間 9:00〜19:00 年中無休)


弁当
左:「鳥取食材の宝箱弁当【限定】たか木×食のみやこ鳥取御膳」
右5種:「特A取得 鳥取産米「きぬむすめ」を使用したお弁当」

■「鳥取福興Twitterキャンペーン」について

協定を結んだことを記念し、鳥取の魅力をより多くの方に感じていただくため、鳥取への旅行券や特産品が当たるTwitterを用いたプレゼントキャンペーンを実施いたします。

  • キャンペーンサイトURL
    https://gochikuru.com/regional/tottori/campaign/
  • キャンペーン期間
    2月14日〜3月14日
  • 応募方法
    (1)ごちクルTwitterアカウントをフォロー
    (2)対象のツイートをチェックして公式リツイート
  • 賞品:
    1.鳥取県三朝温泉ペア旅行券: 1組
    2.鳥取和牛オレイン55(1万円相当):5名様
    3.鳥取県中部物産品(3千円相当):7名様
  • 当選発表
    キャンペーン期間終了後、厳正な抽選の上で当選者にTwitterのダイレクトメッセージでご連絡します。

■スターフェスティバル株式会社について

弁当宅配・ケータリングの総合インターネットモール「ごちクル」、契約した企業の社内で社員向けの弁当を販売する デリバリー型の社員食堂「シャショクル」サービスを運営しています。月間約50万食、累計1450万食を提供を行っています。公益事業会社、地方自治体など災害時における食料支援協定などを結び、2016年の熊本震災においては復旧作業に当たる作業員らへのお弁当を約10万食届ける取り組みや、ヤフー株式会社が運営するECモール「復興デパートメント」と共同開発した、お弁当の売り上げの一部が東北復興支援の寄付になるお弁当、ふるさと納税応援弁当の開発なども行っています。また、2016年8月より食のシーンを活用したお弁当利用者へのサンプリング、お弁当利用シーンにおける広告などを行う「ごちアド」事業を開始、2016年11月からは全国各地の特産品や食材を活かしたお弁当企画開発や販売、特産品の流通、プロモーション協力を行う地方創生サポート事業を開始しています。



アルバイト募集中!


有名店のお弁当・ケータリング料理をお届け ごちクル

デリバリー型 社員食堂「シャショクル」